私達の生活の中で毎日使いお世話になっている

一番身近な暮らしの道具が「うつわ」だと思い

揃えたいと考えたのが、ギャラリー明日。を

立ち上げるきっかけでした。

オープンから20年、当初も今もギャラリー明日。

ならではの、ご提案を常に心がけて参りましたが

まだまだ、遥かゴールが見えず途中段階ですが、

人と人、人と物、とのご縁の不思議を感じながら

歩んできた日々だったように思います。

お客様には本当に「感謝」の二文字に尽きます。

これからも、お客様と暮らしに寄り添いながら

進んでいけたらと願っています。

皆さまが、お持ちの日々の暮らしの道具の中に

ギャラリー明日。の道具達を一部加えさせて

頂ければ幸いです。

 

 

 

古民家から移築

320年前の日本産の松

当店のカウンターに

お客様とのティータイムも

ここで。

当店の庭の紅葉

加藤委さんの染付角大皿

庭でオブジェとして。

焼き物もこのような愉しみ方も。

ギャラリー内の掃除は、庭掃除から始めます。

焼き物を景色に。

書でも遊んでいます。

加藤委さんのつる首花入れに山草を。

                        一期一会の出会いを!!