これからの個展


特別企画

三人三様展

吉田悦子(国産サワグルミかごバッグ)

永井典子(刺繡絵服)

家坂美朱(夏ストール)

2018年6月15日(金)~6月24日(日)会期中無休

今回の特別企画は、お客様からのご要望で実現

しました。

永井典子さんは刺繡服以外にも、家坂美朱さんも

夏ストール以外にも、お二人ともそれぞれに

ファブリックなバッグも出展して下さいます。

吉田悦子さんは、かご作家の中でも丈夫さと感性

には定評があり丁寧な手仕事をしてくれています。

国産素材は使うごとに艶を増し修理も可能です。

夏には、かごバッグもアイテムに加えませんか。

季節感を演出してくれます。

 

永井典子さんは、様々な布や糸を使って絵を描いて

いくファブリックアートを洋服やバッグに。

今展は、小花刺繡をお願いしました。

シンプルな、お洋服にワンポイントで活躍してくれ

そうです。

 

家坂美朱さんの作品は、色使いが何とも楽しい!

夏ストールは、お顔の色も映えて気持ちも明るく

軽やかに。

首元も陽射しから守り空調機の冷え防止などにも

バッグに忍ばせて何かと便利です。

ファッションアイテムに。

夏の必需品です。

 

 

吉田悦子作

サワグルミかごバッグ (ツル裏、乱れ編み)

使っていただく程にツヤを増します。

国産です。

上3点は、花編みを施しています。

形状も横長タイプなど。

いずれも、中布、ポケットついてます。

市松模様も

口は少しカーブ。

 



家坂美朱作

ストール&ピン

ピンは、チェコの工房で手作りされたビーズをピンに。

ストールに、ブローチとしても。手軽に使えます。


終了いたしました。

お運び下さった方々に心より感謝申し上げます。

須山朋子(ジュエリー)&森 正(陶)コラボ展

2018年4月13日(金)~4月22日(日)会期中無休

モダンアートな須山さんのジュエリー、

独創的でポップな森さんの陶、異素材な

作品が一緒に並びます。

どうぞ、お手に取りごゆっくりご覧下さい。

森 正作  (Mori Tadasi)

平皿

 

須山朋子作

指輪&ネックレス


須山朋子作

小ぶりで軽量!

普段使いタイプから‼

須山朋子作

シルバーネックレス

須山さんのシルバー作品は、いずれも変色防止の

ロジウム加工を施しています。

須山朋子作

須山さんのネックレスは、いづれも軽量で

普段使いにアクセントを!

須山朋子作

シルバーネックレス

ランダムなプレートがおしゃれ感アップ!

森 正作

織部カップ&注器

須山朋子作(ジュエリー)

森 正作(陶)


森 正作

ワンちゃん!


森 正作

カップ各種



日野亜土 アンティークジュエリー展

終了いたしました。

お運び下さった方々に心より感謝申し上げます。

亜土さんのジュエリーを末永くご愛用頂きますよう。

日野亜土 アンティークジュエリー展

2017年11月17日(金)~26日(日) 会期中無休

 

アメリカから独創的で新感覚なジュエリー達が

届きます。

アメリカ・マサチューセッツ州在住の亜土さん。

アンティークやビンテージのビーズ、ボタン、

世界中のオーナメントや天然石などを使って

制作しています。

ジュエリー達には時代を経た力強さを感じます。

普段使いなカジュアルタイプからモダンタイプ

まで。オンリーワンのジュエリーです。

軽量さにも配慮しながら制作しております。

ネックレスの他にもブレスレット、年齢層にも

幅広く多用途に愉しんでいただけるブローチも

亜土さんならではのデザインが新鮮です。

亜土ジュェリーを身に着けることで表情も明るく

気持ちが上向きになり、年を重ねるごとに私の

必須アイテムとなっています。

華やかさ、可愛らしさ、若さも感じられる正に

亜土ジュエリーの魅力を益々感じています。

是非、この機会にお手に取ってご覧いただければ

本当に嬉しく想います。

 

一期一会の出会いを!

 

日野亜土作

遥かな時が蘇って今に。

 

日野亜土作

普段使いにも、さり気なく!

日野亜土作

小ぶりながらアンティークビーズは魅力的。

日野亜土作

細いチェーンタイプのネックレスとも

重ね付けが愉しめます。

日野亜土作

タイプも色々。

日野亜土作

多用途に。

日野亜土作

フォーマルにも。

日野亜土作

表情豊かなビーズがおしゃれ!

日野亜土作

首元がシャープに。

日野亜土作

個性派!

日野亜土作

顔肌を、グッと明るく!

日野亜土作

アンティークのボタン、ビーズで。

亜土さんならではのブローチ!


終了いたしました。

お運び下さった皆様、月並みではありますが本当にありがとうございました。

 

20年の歩み   祭展(SAITEN)

2017年9月22日(金)~10月1日(日)    会期中無休  

 

 


終了いたしました。

貴重なお時間を作ってくださった多くの方々に心より感謝申し上げます。

そして、初めての出逢いも数々ありました。重ねて本当にありがとうございました。

 

加藤  委 展

2017年6月9日(金)~6月18日(日)   会期中無休

 

技ではなく、作り手を出し切る独自の感覚的決断で生み出された

作品は、生活空間の中で相乗さも加わり、より一層真価を感じて

頂けるのではないでしょうか。

委作品の不思議な力量感に包まれた出会いから20年、今もなお

新鮮なオーラを伝えてくれています。

時に追われがちな日々ですが、よろしかったら今展で緩やかな

ひとときをお愉しみください。

  

うつわを主に青白磁、染付の作品をご紹介させて頂きます。

初日6月9日(金)は、委さんが在廊しています。